犬を飼いたい〜正しい飼い方の知識


犬を飼いたい方のために正しい飼い方の知識をご紹介します。

犬種を選ぶ


 ご自宅の住居タイプによって飼育できる犬種とできない犬種がいます。一戸建の住居では屋内でも屋外でも飼育可能なため、小型犬〜中型犬〜大型犬のどの犬種でも許容範囲となります。一方、マンションのような集合住宅では抱えられる程度の大きさのみ許可というところがほとんどで、小型犬に限定されてしまいます。あなたの住居ではどの大きさの犬種が可能でしょうか?

犬の性格


 犬種によって性格が大きく変わります。比較的おとなしい犬種から吠える犬種、やんちゃで遊び好きな犬種、常にそわそわと落ち着きのない犬種、他の犬と相性の悪い犬種など様々です。あなたの性格と照らし合わせてどのタイプの性格が合うのか検討してみてください。

犬の体質・運動量


 体質については犬種ごとに特徴が出ます。毛が抜けやすい、眼病などになりやすい、脱臼しやすい、においがきつい、いびきをかく、トリミングを頻繁に要するなど、長所については問題ないですが短所について、どこまでが許容範囲となるか判断すると良いでしょう。また、犬の運動に時間をかけられないようであれば、室内での運動や短時間の散歩でも満足するような犬種を飼う方が良いでしょう。

  以下に犬の大きさ別犬種を掲載します。また、犬種カタログを購入して性格や運動量などを調べてみるのも良いでしょう。

→犬種カタログ 商品一覧

超大型犬 セントバーナード、ニューファンドランド、バーニーズマウンテンドッグ、グレード・デン、グレート・ピレニーズ、土佐犬、ボルゾイ、ロットワイラー、秋田犬、アイリッシュウルフハウンド
大型犬 アイリッシュセッター、アフガンハウンド、オールドイングリッシュシープドッグ、シベリアン・ハスキー、ボクサー、サモエド、ジャーマン・シェパード、ブルテリア、ブルドック、スタンダード・プードル、ダルメシアン、チャウチャウ、ドーベルマン、ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバー、グレイハウンド、コリー
中型犬 アメリカンコッカースパニエル、ウエストハイランドホワイトテリア、ウエルシュコーギー、甲斐犬、紀州犬、サルーキ、バセットハウンド、シェットランド・シープドッグ、柴犬、スコティッシュ・テリア、パク゜、フレンチ・ブルドッグ、ビーグル、ミニチュア・プードル、ボーダー・コリー、スタンダード・ダックスフント、ミニチュア・シュナウザー
小型犬 イタリアン・グレイハウンド、キャバリア、ケアンテリア、シーズー、ジャック・ラッセルテリア、日本スピッツ、日本テリア、チワワ、チン、パピヨン、ビションフリーゼ、ブラッセル・グリフォン、ミニチュア・ピンシャー、トイプードル、ボストン・テリア、ポメラニアン、ペキニーズ、ヨークシャ・テリア、豆柴、マルチーズ、ミニチュア・ダックスフント



子犬の購入方法


 子犬はペットショップで実際の子犬を見て購入する方が多いと思いますが、健康で可愛い子犬を購入したいのであればブリーダーから直接購入することをお勧めします。今はインターネットの普及により多数のブリーダーがホームページを持っていますので、探そうと思えばいくらでも見つかります。ホームページに力を入れているブリーダーであれば、そこから販売された子犬のホームページにリンクを張ったり顧客からのメール紹介もしていますので、ブリーダーの販売実績についても参考にすると良いでしょう。できればメールや電話で問い合わせ後、現地に出向いて見学し、直接ブリーダーのお話を聞いてみるのが理想的です。

 ただいくら良いブリーダーを見つけたとしても肝心の子犬が生まれてこなければ購入することができませんので、事前に購入予約をしておく必要があります。人気の犬種になるとすでに予約が殺到しており、数ヶ月待ってからの購入になってしまいますが、ある程度飼い主の方でも事前準備をしなければいけませんので、少し待つ方が都合が良い場合もあります。



飼育環境の準備


ハウス・サークル・ケージ

 初めて仔犬を迎えるにはまず飼育環境を整える必要があります。外で飼うには犬小屋(ハウス)、屋内で飼うにはサークルやケージを用意します。留守番が必要かどうかなど、事前に分かるようであれば状況に合った飼育環境を準備しましょう。
 うちのねっぴーの場合は室内ですが、留守番対策のため広めのサークルに入れてあげました。

→ハウスサークルケージ 商品一覧



食器、給水器


 子犬が家にやってきたら餌を与えたり水を飲ませたりしなければいけません。そのためにドッグフードをあげるための食器や、水を飲ませるための器・給水器を事前に準備しておきましょう。
  ただ、ドッグフードについては事前に購入せずに子犬を引き取る際にブリーダーやペットショップの指示に従って購入する方が良いでしょう。

→食器給水器 商品一覧<



トイレ


 トイレは幼犬のうちは壁で囲まれていない平面のトイレがお勧めです。なぜ壁のないトイレかというと、壁に囲まれていると犬は逆に警戒してしまいトイレに入りにくくなることがあったり、うん○をした後に踏んでしまう危険性があるためです。
 また、ある程度成長してくるとオス犬はマーキングするようになり、足を上げてオシッコしてしまいます。その時は折りたたみタイプのトイレを使うと良いでしょう。
 メス犬には生理用のパンツやオムツ、老犬や外出時の不安定な場合にはお漏らし防止のオムツがあると便利です。

→トイレペットシーツ 商品一覧
 
→トイレ用品消臭剤 商品一覧

トイレの場所の教え方


  参考までにトイレの場所の教え方を掲載しておきます。
 子犬を最初に家に連れてきた時にはまずオシッコをさせます。事前に準備するものは、ブリーダーまたはペットショップでオシッコをしていた新聞紙(必ず貰ってきてください)とサークルまたはケージなどの周りが囲まれたものです。

  はじめにサークルなど周りを囲んだものの中にタオルとペットシーツを半分ずつの割合で敷き詰めておきます。その際、ペットシーツ側にはオシッコの付いた新聞紙を載せて置いてください。そこに子犬を入れてしばらく待つと10分以内にオシッコを始めます。上手くできた場合には十分過ぎるくらいに褒めてあげてください。その次からは必ずその場所でオシッコをするようになります。

  その後、1週間くらいのペースでペットシーツの面積を1/2から1/4などのように狭くしていき、最終的にはペットシーツ1枚(レギュラータイプの場合)のところでオシッコができるようになります。そうなった時点で初めてトイレ・トレーを置き、そこをトイレと決めます。

  はじめのうちはどこでも構わずオシッコしてしまうのですが、懲りずに何度でも繰り返しトイレの場所を教えるようにしましょう。飼い主があきらめてしまうと犬もそこでいいんだという気持ちになりますのであきらめない事が肝心です。

また、失敗してしまった場合には何事もなかったように無言で片付けるのがポイントです。犬が褒められないことに疑問を持ち、次は褒められようとすれば理想的です。



ベッド


 子犬の寝場所やくつろぎの場所となるベッドは、初め警戒するのでサークルやケージの外で遊ばせながら少しずつ慣れさせましょう。次第にベッドのふかふか感が気に入り、いつでもベッドの中に入るようになります。

ヒーター


 寒くなるとペット用のヒーター(マットタイプ)が必要になります。低温で安全なものがありますので用意しておきましょう。

冷んやりマット


 夏の暑い時期は涼しくなるようなマットがあると犬も快適に過ごすことができます。アルミのものから大理石のものまで多数ありますので用意しておきましょう。

→ベッドヒーター冷んやり 商品一覧



飼育方法の勉強


 飼育方法や躾に関しては、やはり専門家の書いた書籍を読む方が確実な方法だと思います。有名な専門家だとシリーズ化されていたり、インターネットで検索すると至る所に名前が掲載されていたりします。
 書籍でも分からないことがある場合にはインターネット上にFAQ形式で内容を調べられるサイトがありますので、そちらを参考にすると良いでしょう。

→飼育専門書飼育ビデオ 商品一覧


▲▲▲

前のページ 犬用品のカタログ通販〜ペットの生活・しつけ・健康管理用品の通信販売〜 次のページ

▲このページのトップへ
=犬用品のカタログ通販=
トップページ Copyright ©2005 犬用品のカタログ通販 All Right Reserved. 〜